北海道生まれ。都立小石川高校を経て、東京芸術大学ピアノ科卒業。在学中、芸大室内楽定期演奏会、京都国際音楽祭等に出演。丸山滋、植田克己各氏に師事。2004年、ハイメス音楽コンクール優勝、奨学金を得て、アメリカのインディアナ大学に留学。著名な音楽教育者、ナディア・ブーランジェの最後の弟子であるエミール・ナウモフのものとで研鑽を積み、2007年に音楽修士号2013年に音楽博士号を取得。

渡米後、ニューヨークのカーネギーホール、ジュネーブのヴィクトリアホール、パリのサルガボーを始め、北米を拠点にヨーロッパ、中南米、アジア各地でソリスト、室内楽ピアニストとして多彩な演奏活動を繰り広げる。2016年にアメリカのMSR ClassicsレーベルからリリースされたソロCDは数々のメディアで取り上げられ、グラモフォン誌(イギリス)より「個性のきらめく演奏‥‥ホロヴィッツを彷彿させる」と称賛される。ジャン・フランセ国際音楽コンクール(フランス)第3位、スペイン・ラテンアメリカ音楽コンクール(アメリカ)室内楽部門優勝。2004年、ニューヨークでアリシア・デラローチャのマスタークラスシリーズを選抜受講。2011年には中国人ピアニスト、ランランの代役ピアニストとしてアムステルダムにてガーシュインのラプソディインブルーを演奏。同年パリにて東北大震災津波援助コンサートに参加、ファッションデザイナーのコシノジュンコ氏と作曲家上林裕子氏の共同制作の舞台に出演。

室内楽の分野でも盛んに活動し、カナダのバンフセンターでコラボラティブ・ピアニストを務めた他、これまでにチェリストのギャリー・ホフマン、コリン・カー、フルーティストのジャン・フェランディス、マリーナ・ピッチニーニ、クラリネッティストのジェームス・キャンベル、そしてペンデレツキ・カルテット等の著名なアーティストと共演。2017年夏にはアメリカ、パルマ・レコードより、ルトスラフスキーのヴァイオリンとピアノの為の作品を収録したアルバムをリリース予定。

これまでに、アメリカ、カナダ、ドイツ、ペルー、ブラジル、中国の音楽大学にてマスタークラスを多数開催。
北海道国際音楽協会(ハイメス)アーティスト会員として、2017年7月にはアメリカン・フォーラム(アメリカ音楽留学推進プログラム)で講師を務める。ウェスタンイリノイ大学、サウスアラバマ大学で教鞭を執った後、2017年8月より、フロリダ大学音楽学部ピアノ科主任、またフロリダ国際ピアノフェスティバルのディレクターに就任する。